現場レポート

YUMING Surf & Snow in Naeba Vol28  苗場の現場レポートです

th_imgp11692.jpg

YUMING Surf & Snow in Naeba Vol 28

毎年、苗場プリンスホテルで行われる松任谷由実Surf & Snow in Naeba

そのステージが完成するまでをレポートしました。

2008_stage.gif

苗場プリンスホテルの会場、ブリザーデュウムは上の平面図のように変形の五角形になっています。

ステージレイアウトは会場内センターステージなど自由な形で組めますが、ここ数年は五角形の

頂点にステージを設置するエンドステージの形式をとっています。

客席は見やすいようにセットバック(雛壇)を仮設します。

nawba-2008-dezainga5jpg.jpg

今回のセットのテーマはスキーリゾート地の山荘、

イメージはサンモリッツとかでしょうか、どこか60年代の薫りがするレトロ調な仕上りです。

そこに仲間が遊びにやってきた・・・・そんなシチュエーションです。

バックのチェック幕は昇降します。

 

naebahannyu.JPG

会場は2階にあるため機材搬入はエレベーターで、大きい物はレッカーで吊り上げて搬入します。

その間、会場では「スミ出し」メジャーをあてて客席や基礎舞台の位置を割り出します。

 

naebahannyu2.jpg

スキー場なので当然雪は降ります。極寒の中での作業も手馴れたものです。

スミ出しを終えた会場では搬入、荷捌きと平行して仕込んでいきます。

仕込み手順としてまずは吊物から、苗場の場合照明からとなります。

照明機材を吊る為のトラスを組み立てます、そしてローリングタワーで吊り込んでいきます。

 

piele.jpg

トラスの組み立て作業、作業者ピエール。

 

roring.jpg

ローリングタワーを組んで天井にあるフックにトラスを吊り込んでいきます。

 

tsurikomi.jpg

暗幕を周囲に吊ります、作業中も搬入は続きます。

 

syoumeitsurikomi.jpg

照明機材をトラスに取り付けます。タワーの奥は背景の幕が吊ってあります。

トラスは用途によってサイズが異なります、僅かでも高さを稼ぐためと、

吊り加重が比較的に軽量なのでトラスは小型の物を利用します。

 

pinn.jpg

ピンスポットをタワーに上げているところ。

 

asigumi.jpg

照明を吊っている間に空いたスペース(客席のセットバックの上)で基礎舞台の足を組上げます。

 

kisokumi.jpg

基礎舞台を組んでいるところ、大まかな形になるまで1時間。

 

nuri.jpg

基礎舞台を組んでいる間にセット(上物)の修正(塗り直し)を行います。

 

paneru.jpg

基礎舞台が出来上がったところでセット(上物)を組み立てます。

事前に千葉スタジオ(シミズオクトの工場)で仮に組んでいますので

段取り良く組みあがります。仮組みを行うことで大道具さんの仕込み手順や、

照明やPAとの問題点等、事前に見つけ出すことができます。

なにより現場での仕込み時間が大幅に短縮できます。仮組みは重要なことです。

 

panerukumi.jpg

セット(上物)の完成間近、ここまで搬入開始から約10時間、

この後大まかな仕上げをして1日目の作業終了です。

ほぼデザイン画どおりの仕上がり、まずは一安心。

 

gakki.JPG

仕込み2日目は楽器、PAを仕込みます。1日目同様に寒中搬入から始まります。

2日目はスピーカのチューニングまで行い夕方から照明のプログラム、

俗に言う「明かり作り」に入ります、ここから初日を迎えるまで、会場は24時間営業になります。

 

taku.jpg

PAや照明のコンソール(調整卓)を客席後方に仕込みます。

 

akaritukuri.jpg

照明は夜を徹して作っていきます。3日目の日中は照明はお休み、PAのサウンドチェック

を行います。夕方からは演出家が入ってのセット確認、歌う位置や転換のタイミングを決めていきます。

その後は朝まで明り作り、4日目はバンドメンバーを入れてのサウンドチェック、リハーサル。

各部チェックを行い問題があればその場で解決していきます。

その後、本番同様に衣装を着てのリハーサル、「ゲネプロ」です。

 

gp1.jpg

 

gp2.jpg

ゲネプロ風景です、ゲネプロ終了後ミーティング、俗に言う「ダメダシ」を行います。

修正箇所を確認して早めに終了、といっても3時頃にはなります。

初日は変更箇所をリハーサルでチェックし本番を迎えます。

本番終了後も観客の反応を参考にダメダシを行い、次公演に向けてクオリティーを高めていきます。

 

 

セットデザイン・施工 シミズオクト

照明 林オフィス

PA S.C.ALLIANCE

楽器 チーム・アクティブ

衣装 金沢見映

 

2008/07/08 16:40:46