現場レポート

Yuming苗場ゲレンデにてヴァレンタインライヴ

Yuming苗場スキー場、ヴァレンタインライヴをレポートしました。

今年で29回目になるSurf&Snow in Naeba 、2月5日からスタートして8公演行いました。なかでも2月13日は何時もの会場「ブリザーディウム」を飛び出してゲレンデでスペシャルにヴァレンタインライヴを行いました。当日は好天に恵まれて大勢の観客とゲレンデという特別なシチュエーションで大変盛り上がりました。そのステージが出来上がるまでのレポートです。

dvc00016.JPG

基礎ステージの大きな部材はゲレンデ営業終了後に雪上車にてゲレンデにて搬送し、

夜のうちに整地し機材を置いておきます。基礎ステージの部材、ジェネレータで雪上車3台分の機材搬送です。

まるで極地探検隊のようです。ステージの大きさは間口9m、奥行き5.5m高さは1.2mです。

 

 dvc00014.JPG

早朝、ステージ設営開始、スミ出し後手順良くステージを組み上げていきます。

新婚キヨシ!働けよ。

dvc00013.JPG

 

dvc00012.JPG

設営開始してから1時間、これからPA、楽器の搬入です。

 dvc00010.JPG

PA、楽器はスノーモービルに大型のソリを装着、3台でピストン搬送です。

スノーモービルはゲレンデ営業中も走行できます。

 

dvc00007.JPG

雪上車に積まれたジェネレーター

 

dvc00011.JPG

ステージ脇にはテントを張りPAコンソールを設置します。

 

dvc00009.JPG

設営開始から3時間後の風景、これからPA、楽器の調整です。

 

dvc00006.JPG

 ステージ裏の風景、特殊効果のトーチが設置されています。好天に恵まれ順調に準備も進んでいます。

後は開場をして本番を待ちます。バンドメンバー、Yumingは開演直前にスノーモービルで上がってきます。

 

 dvc00003.JPG

17:00過ぎにライヴスタート、特殊効果の炎も夕闇に良く映えています。

20分間のライヴでしたが大勢のお客さんも集まり盛り上がりました。

終了後はすぐに撤収です。楽器、PAはスノーモービルで搬出、

ステージ機材はバラシてその場に溜め置きし、後日雪上車で搬出です。

ゲレンデでのライヴの後は21:30からブリザーディウムでSurf&Snowの開演です。

フル活動の1日でした。皆様、本当にお疲れ様でした。

 

PA SC・アライアンス  楽器 チームアクティブ

大道具 シミズオクト  電源  三穂電気

特殊効果 スパーク    舞台監督 クリエイト大阪

制作 雲母社 キャピタリビレッジ

協力 苗場プリンスホテル 苗場スキー場 

2009/03/24 20:51:06